稼働率

レンタルサーバーで重要な「稼働率」の解説、各社サービスを比較

稼働率とは「サービスが稼働している時間の割合」を意味しています。

稼働率が100%であれば、毎日ずっと1秒も落ちることなくサービスが動いていることを意味します。 ホームぺージの表示も、メールの連絡も、常に問題なくサービスが動いている状態になります。

サーバーが止まってしまうダウンタイムが発生すると、その分だけ稼働率は落ちます。 安定性を求める場合は、出来る限り稼働率の良いレンタルサーバーを借りることが大切です。

もし、共有レンタルサーバーで稼働率を求めたい場合、 99.99%の稼働率を公表しているプランを選ぶのが、安定したサービスを選ぶ基準になります。

当ページでは稼働率についての詳しい解説と、各会社の稼働率を表にしてまとめています。

稼働率とは?意味を解説

稼働率が「サービスが動いている時間の割合」だとお伝えしました。

共有レンタルサーバーで標準の価格帯とも言える1,200円~1,500円のプランだと、 最も良い稼働率の数値は99.99%になります。

この99.99%の稼働率というのが実際にどれくらいの時間、 サービスが動いていることになるのか、説明してみたいと思います。

稼働率99.99%はどれくらい稼働しているのか?

まず、稼働率を計算するために、1日を秒数に直し計算します。

1日の時間を計算します。1分が60秒なので、1時間だと3,600秒、1日だと86,400秒になります。

1日は86,400秒。そこに99.99%の稼働率を計算すると8秒64になります。 これが非稼働時間になります。

稼働率99.99%の停止時間は、1日わずか8秒64

結果として、稼働率99.99%の場合、停止時間は1日で8秒64になります。
1ヶ月で考えても4分~5分ほどしか停止していないことになります。

1ヶ月で4分~5分しか停止しない安定さ

計算のように1日で8秒64。1ヶ月だと4分~5分ほどしか停止しないのが、稼働率99.99%になります。 この数字であれば企業向けのサービスとして導入を検討しても良いぐらい、安定している稼働率だと言えます。

実際のところ、毎日平均して8秒落ちることはなく、 年間を通して何回か数分~10分程の停止時間があって、この稼働率に落ち着くイメージになると思います。

年間を通してほとんど停止しない方もいれば、 その反対の方も出てきます。合算してこの稼働率ということになります。

レンタルサーバー各社の「稼働率」を比較

稼働率を開示している会社についてまとめ、表にしてみました。

実際に「稼働率99.99%」をクリアしている会社と、「SLA稼動保障制度として99.99%を基準にしている会社」の2つに分けて表にしています。

SLA保証制度の場合は「99.99%の基準値を下回った場合、月額料金を返金する」制度になっています。

稼働率99.99%
会社名 稼働率
エックスサーバー 99.99%
Mixhost 99.99%
ヘテムル 99.99%
さくらレンタルサーバー 99.99%
ロリポップ 99.99%

稼働率99.99%を実践していてホームぺージで公表している会社は、当サイトで紹介している会社だと4~5社あります。 エックスサーバー、、Mixhost、ヘテムル、さくらインターネット、ロリポップになります。

さくらインターネットやロリポップなど低価格プランがある会社が入っているのに驚きますが、 この5社が稼働率99.99%を実現させています。

SLA稼動保障制度の基準が99.99%~

次にSLA稼動保障制度を導入しているレンタルサーバーを紹介します。 こちらは、稼働率が基準を下回ってしまった場合は、月額料金に応じて返金対応してくれる制度になっています。

ここでは、法人向けプランを持つCPIや、ConohaWingが入ってきます。CPIは稼働率100%保証としています。

CPIは月額料金が4,000円ほどでビジネス向けプランと言えますが、KDDIウェブコミュニケーションズが管理していて比較的安定しているイメージを持っています。

会社名 稼働率保障
CPI 稼働率100%保証
GMOクラウド 稼働率100%保証
Conoha Wing 稼働率99.99%保証
お名前レンタルサーバー 稼働率99.99%保証

まとめ

企業がサービスを選ぶなら特に「稼働率」を重視

企業の場合、メールアドレスを作るためにレンタルサーバーを借りる所も多いと思います。

顧客やお客様とのメールを問題なくするためにも、できる限り稼働率の良いサービスを選びましょう。

おすすめは「エックスサーバー」「CPI」の2つ

個人的に、稼働率で考える場合「エックスサーバー」と「CPI」をおすすめしています。

99.99%を実現している会社を5社紹介していますが、その5社でもサーバースペックが良いのが エックスサーバーになります。ミドルスペックの価格帯(1,200円前後)のプランもあれば、 各種設定をエックスサーバーが引き受けてくれるビジネスプランもあります。

CPIの場合、SLA保障制度で100%としています。 ビジネス向けプランになっていて法人利用が9割となり、 KDDIコミュニケーションズが運営しています。