ロリポップ

170万人が利用してる格安レンタルサーバー「ロリポップ」を解説

【キャンペーン】1年間の長期契約で独自ドメインが無料になる
料金 初期料金:1,500円
月額料金:660円(長期割550円)
設置 ワードプレスがわずか60秒で簡単設置
稼働率 実稼働率が99.99%

ロリポップは月額100円から登録できる格安レンタルサーバーになります。 ライトプラン(月額220円)からワードプレスが作れます。

これまでに170万人以上の利用者がいます。 おそらくレンタルサーバー業界ではエックスサーバーに次いでシェアを持つレンタルサーバーでしょう。

現在、スタンダードプラン(月額660円)とハイスピードプラン(月額1,100円)2つがメインプランになっています。 ハイスピードプランは2020年に登場したばかりで、エックスサーバーやConohaWingに対抗するべく、 ロリポップの技術が入ったミドルスペックのプランになっています。

Webサーバーソフトは最もワードプレスに適したLitespeed(ライトスピード)を導入。ストレージはALLソリッドストレージ。 どの時間帯でも約0.035秒の速度でページを表示し、ページ速度と安定性を兼ね備えています(ハイスピードプラン・自社調べ)

いまハイスピードプランは、初期費用0円、月額料金825円(6ヵ月契約)とかなりの割引率で契約することが出来ます。

その他、実際の稼働率が99.99%。独自ドメインが無料になる(1年以上の長期契約時)。 「同時アクセス数拡張サービス」があるなど様々なメリットを持つ会社になっています。

料金重視の方にとって、ロリポップは検討するべき1社になるでしょう。

ロリポップの管理画面イメージ

ロリポップ ホームぺージ
ロリポップ 管理画面 メイン
ロリポップ管理画面 かんたんインストール
ロリポップ管理画面 メールアドレス作成

ロリポップ公式

1.ロリポップの料金について

低価格プランである「スタンダードプラン」(月額660円)と ミドルスペックプランである「ハイスピードプラン」(月額1,100円)について料金体系を紹介します。

スタンダードプラン
内訳
かかる料金 初期料金 1,650円
月額料金 660円(1ヶ月契約)
550円(6ヵ月契約)
550円(1年契約)
初年度料金(1ヶ月契約) 合計9,570円(初期費用1,650円 + 660円×12ヶ月)
初年度料金(1年契約) 合計8,250円(初期費用1,650円 + 550円×12ヶ月)

スタンダードプランは低価格プランになるので月額料金が660円になっています。長期割により550円まで下がります。

短期契約と長期契約で料金にあまり差がつきません。どちらの期間で契約しても初年度にかかる料金が1万円を切っているのが特徴と言えます。

ハイスピードプラン
内訳
かかる料金 初期料金 0円
月額料金 1,100円(1ヶ月契約)
825円(6ヵ月契約)
825円(1年契約)
初年度料金(1ヶ月契約) 合計13,200円(1,100円×12ヶ月)
初年度料金(1年契約) 合計9,900円(825円×12ヶ月)

ハイスピードプランはミドルスペックのプランになります。 そのため、スタンダードプランとはサーバースペックやサービス内容が大きく異なります。

それでいて1年間の長期契約をした場合、初年度にかかるコストがわずか9,900円となります。 これは、初期費用も0円で月額料金の割引率も高くなっているためで、おそらくプランへの集客のため、かなり削った料金設定に していることが予想できます。

1年間の長期契約時の比較

ロリポップ:9,900円
ConohaWing:11,172円
エックスサーバー:13,200円

1年間の長期契約をした場合、エックスサーバーよりもConohaWingよりもコストを抑えることが出来ます。

搭載してるCPU&メモリについては公表していないなど、ネガティブな面もありますが、 ほぼ他社と同様のサービスで、料金がここまで低価格になっています。

「エックスサーバーやConohaWingはまだ少し高いな」と考えている方に最適なのが、 ロリポップのハイスピードプランと言えます。

2.サーバースペックについて

エコノミー ライト スタンダード ハイスピード
ストレージ ALLソリッドストレージ
WEBサイト高速化 Litespeed版PHP/モジュール版PHP
ロリポップアクセラレータ
2対応
CPU&メモリ 未公表
webサーバーソフト Apache Apache Apache Litespeed
容量 20GB 160GB 200GB 320GB
ハイスピードプラン

このプランだけ、唯一Webサーバーソフトに「Litespeed」が導入されています。ストレージはALLソリッドストレージ。 高速化も幾つか施されていて、容量は320GBになります。 CPU&メモリはどのプランも共通で公表されていません。

3ヶ月に渡るページ表示の検証では、約0.035秒の速度を安定して計測しています(自社調べ)。 ハイスピードプランに関しては他社のミドルスペックプランと比べても、遜色ないプランと言えるでしょう。

ストレージ

ストレージはどのプランも共通してALLソリッドストレージになります。 最近までHDDでしたが、低価格プランも増強されました。

CPUやメモリは未公表

ストレージなどのCPUやメモリなどは未公表になります。

高速化「モジュール版PHP」「ロリポップ!アクセラレータ」を導入

モジュール版PHPを導入したことにより、従来よりレスポンスタイムは12倍以上となっています。 また、独自技術であるアクセラレータなど高速化へ対応が進んでいることで、ワードプレスを早く表示させることを実現しています。

ロリポップ公式


その3.サービスについて

ロリポップのサービス内容は、総じて標準のサービスを実施しています。

アクセス数の制限などを緩和できる「アクセス数拡張サービス」がある点は他社にない 特徴と言えます。一方で自動バックアップが有償になる点はデメリットと言えます。

サービス
かんたんワードプレス わずか60秒でワードプレスが作れる
独自ドメイン ずっと無料(1年の長期契約でムームードメインが無料)
データベース数 エコノミー:0個
ライト:1個
スタンダード:50個
ハイスピード:無制限
同時アクセス数拡張サービス ウェブサイトの同時アクセス数制限を3日間緩和できる
※再度利用は終了後7日後から
自動バックアップ 7世代バックアップ(周期:1日/3日/7日/15日/30日)
月額330円
サポート体制 エコノミー(メール)
ライト(メール)
スタンダード(電話・メール)
ハイスピード(電話・メール)
「ワードプレス簡単インストール」で数分でワードプレスが作れる

ワードプレス簡単インストールは、たくさんのレンタルサーバーが導入している機能になりますが、 実際に本当にかんたんにインストールできるのは「ロリポップ」を含めて「エックスサーバー」、「Conoha wing」など5社ぐらいになります。

わずか5つほどの記入事項でワードプレスが作れます。

ロリポップ 簡単インストール

長期契約で独自ドメインが無料になる

12ヶ月以上の契約の場合、ムームードメインの独自ドメインが無料になります。

ムームードメインならネームサーバー設定がかんたんに

「ロリポップ」と「ムームードメイン」は同じ会社が運営しています。

そのため、ロリポップと一緒にムームードメインで独自ドメインを登録すると、 ネームサーバー設定がボタン操作だけで簡単に設定できるようになります。

サポート体制

スタンダードプラン(月額660円)から電話によるサポートが受けられます。受付は平日10時~18時になります。

メリットとデメリット

【メリット】料金を抑えたい人向き

ロリポップでは月額220円(ライトプラン)からワードプレスを作ることが出来ます。 また、ハイスピードプランも他社のミドルスペックプランと同様のスペックを持ちながら、月額825円(6ヵ月契約から)で登録できます。

ワードプレスを作りたいけれども、出来る限り料金を抑えていきたい方は、 ロリポップのプランが最適と言えます。

【デメリット】搭載CPUや自動バックアップなどに弱み

ここ数年でハイスピードプランが登場しミドルスペックの価格帯へ対応し、低価格プランもソリッドストレージを採用するなど、 プランを増強しています。しかし一方では、搭載CPUのスペックや、自動バックアップが有償となっているなど気になる点もあります。

ワードプレスを構築し1日1万のアクセスを求めるような方は 、もう少し料金を出して、ミドルスペックでもさらに良いプランを検討した方が良いでしょう。

ロリポップはこんな人に”おすすめ”のレンタルサーバー

1.かんたんにワードプレスを設置したい人
2.月300円でワードプレスを作りたい人
3.エックスサーバーより料金を抑えたい人

これまで170万人に利用されているに人気サーバーのロリポップ。

ハイスピードプランだけ初期費用0円で、長期契約の割引率がとても高くなっています。月額825円。 似たような価格帯(700円~800円)のプランがあまりないため、この価格帯で契約を考えているいる方はぜひ検討してください。

ロリポップ公式

競合プラン

ConohaWing

2018年共用サーバーのサービス開始ながら、お得感のある料金設定とページ表示の速さでアカウント数を増やしている 会社になります。

ロリポップより料金はかかりますが、高速化の技術と、設定や移設が自分でかんたんに出来るサービスに秀でています。 管理画面もフラットデザインでモダンな作りになっています。

ConohaWing

低価格プランで競合を探したい

月額500円以下で競合プランを探している場合は、スターサーバーが当てはまります。 ライトプラン(月額330円)、スタンダードプラン(月額660円)と、ロリポップと同様のプラン体系になっています。

スターサーバー

レンタルサーバー

サイトビルダー

特集