スターサーバーの解説

高速、安定性を備える格安サーバーの2強「スターサーバー」を解説

【キャンペーン情報】初期費用0円&独自ドメインも無料
料金(スタンダードプラン) 初期費用:1,650円
月額料金:660円(12ヶ月契約550円)
独自ドメイン 契約期間はドメイン無料
ワードプレス 簡単インストール

以前は500円以下で利用できる格安レンタルサーバーと言えばロリポップの独断だったイメージがありますが、 スターサーバーも割って入り、良スペックとサービスでアカウント数を増やしているイメージがあります。

プランは価格ごとに138円(エコノミー)、330円(ライト)、660円(スタンダード)、1100円(ハイスピード)となり、 最近になってハイスピードプランが増えました。ライトからワードプレスが作れます。

この価格でもストレージがソリッドストレージ、Webサーバーは「nginx」を導入。 エックスサーバーと変わらないような構成になっていてサービスが充実しています。

スターサーバー公式

料金について

エコノミー ライト スタンダード ハイスピード
初期費用 1,650円 無料
月額料金 138円 330円 660円 1,100円

初期費用が一律で1,650円となりますが、キャンペーン期間であれば無料になることもあります。 ハイスピードプランに関しては、登場したばかりのプランのためか常時0円になります。

最も低価格な月額138円のエコノミープランではワードプレスが作れません。月額330円のライトプランから 作成できるようになります。

どのプランでも2週間のお試し期間が付いているので、まずはお試しすることができます。

サーバー環境について

エコノミー ライト スタンダード ハイスピード
容量 20GB 160GB 200GB 320GB
ストレージ ソリッドストレージ
Webサーバー Nginx(エンジンエックス)
マルチドメイン 20個 50個 無制限 無制限
データーベース 1個 30個 無制限
容量

月額330円のライトプランから容量が100GBを超えています。

ライトプラン(160GB)、スタンダード(200GB)、ハイスピード(320GB)と 各プラン充分な容量になっています。

ストレージ

低価格サーバーであっても、ストレージには「ソリッドストレージ」が採用されています。

webサーバー

Webサーバーは「Nginx」を搭載しています。

CPU&メモリ

管理画面からCPU、メモリ情報を確認することができます。

契約プランや登録のタイミングよって割り振られるサーバーも変わりますが、 私の場合(スタンダードプラン)は、メモリが「196GB」で、CPUが「2.4GHZ」と低価格プランとは思えないCPUとメモリになっていました。

マルチドメイン、データベース

複数のホームぺージを作る場合に、マルチドメインとデータベース数が関係してきます。 ワードプレスを1つ作るには、データベースが1つ必要になります。

エコノミーではワードプレスを作れません。また、ライトプランで作れるワードプレスは1つだけで、スタンダードプランから30個になります。

複数作りたい場合はスタンダードプランから契約しましょう。

エコノミープラン(月額138円):0個
ライトプラン(月額330円):ワードプレス1個
スタンダードプラン(月額660円):ワードプレス30個

サービスについて

内容
ワードプレス かんたんインストール
サポート体制 電話:×
メール:○
独自ドメイン ドメインが無料になる
無料期間 2週間の無量お試し期間
マルチドメイン無制限
ワードプレス簡単インストール

ワードプレス簡単インストールの機能が備わっていますので、10分もあれば新しいワードプレスを作ることが出来ます。

スターサーバーのかんたんインストール設定は

サポート体制はメールのみ

お問合せ窓口はメールサポートのみとなっています。電話サポートが欲しいところですが、月額500円の格安サーバーということを考えると 、ここは仕方がないのかもしれません。ただ管理画面などは使いやすく、かんたんインストール設定もちゃんと作られているので、ちょっと調べることが 出来る人であれば、そこまで問題はないかと思います。

メリットとデメリット

【メリット】低価格でも充分なスペック

自分でも契約していながらあまり詳しくスターサーバーのサービスや性能を調べてなかったのですが、 今回の調査ではエックスサーバーに近いといえるサーバー性能になっていました。

管理画面も使いやすくインターフェースが初心者の方にもやさしくなっています。 初心者向きのレンタルサーバーと言えます。

スターサーバーはこんな人に”おすすめ”のレンタルサーバー

1.格安サーバーを探している人
2.管理画面が使いやすいレンタルサーバーを探している人
3.ワードプレスをたくさん作りたい人

格安レンタルサーバーというと、どうしてもロリポップが人気のイメージがありますが、 このサービス内容を見る限りスターサーバーも十分に候補の1つとして挙げられます。 初心者の方で格安レンタルサーバーを探しているのであれば、 私的にはロリポップかスターサーバーのどちらかをおすすめします。

スターサーバー公式

こんなレンタルサーバーもおすすめです。

スターサーバー以外の格安サーバーを探している

スターサーバー以外のおすすめ格安サーバーは”ロリポップ”になります。どちらも1番人気のプランが月額500円となり、 ワードプレスが作れるデータベース数もスターサーバーが20個、ロリポップが30個となっているのでほぼ同じです。 管理画面やかんたんインストール設定はどちらも使いやすくおすすめです。

違う点としてはスターサーバーが電話サポートがない点にたいして、ロリポップは月額500円のスタンダードプランから 電話サポートが利用できるようになります。

またサーバースペックという点ではスターサーバーが優れています。スターサーバーはオールSSDですが、 ロリポップはまだスタンダードプランの増強がされていません。 一方でロリポップはGMOペパポが運営していて「ホームページ作成サービス(有料)」などのサービスを使うこともできます。

どちらのレンタルサーバーも500円で使えるレンタルサーバーとしては十分すぎるサービス内容となっていますし、 サービス内容もそれぞれ一長一短がありますので、自分の使いかたをよく考え、比較して選びたいところです。

→<ロリポップの徹底レビュー

レンタルサーバー

サイトビルダー

特集