独自ドメインとは?

独自ドメインとは?ドメインの意味、種類、メリット、作り方を説明

独自ドメインとは

「ドメインって一体なんだろう・・・?」

はじめての方はきっとそう思うと思います。

独自ドメインとは一言で説明するとホームページのURLになります。 また、メールアドレスのアドレス部分にもなります。

例えばこのサイト場合。URLは「http://www.domain-server-study.com」になります。

このアドレスの「http://www.」より後ろの部分にあたる「domain-server-study.com」が、自分で登録した独自ドメインになっています。

メールアドレスの場合であれば「info@domain-server-study.com」 というメールアドレスを作ったとします。 この場合も、ホームぺージURLと同様に「info@」より後ろの部分が独自ドメインになっています。

このように独自ドメインを持つことで、自分だけのホームぺージURL、自分だけのメールアドレスを作れることになります。

ドメインは自分オリジナルのものを取得できる

ドメインとは

この独自ドメイン。自分で好きなキーワードを考えて取得することができます。 そのため、世界で1つだけのオリジナルのドメインになります。

例えば「domain.jp」が欲しいと思ったら、まずは各ドメイン会社のホームぺージへ行って取得できるかどうかを調べます。

そして、自分が欲しいドメイン「domain.jp」を誰も使っていなければ、そのまま登録できます。それで取得完了です。

単一キーワードや人気のキーワードだと、すでに登録されているケースが大半なので、キーワードを長くしたり、 ドメインの種類を変えたりして探していくことになります。

ドメインの種類

ドメインには一般的な「.com」、法人しか取れない「.co.jp」、日本をあらわす「.jp」など種類がたくさんあります。 その他にも多くのドメインがあり、ドメイン会社の「お名前ドメイン」や「ムームードメイン」では400種類~500種類のドメインがあります。

どの種類のドメインがいいのか?というのは好みが出てくると思いますが、 「.com」が1番無難なドメインと言えます。国別ドメインである「.jp」ドメインも人気があります。

もし、法人として会社用のホームページやメールアドレスを作りたいということであれば、 「.co.jp」が良いでしょう。これは法人でしか登録できないドメインになります。

この3種類のドメインが、日本でもっともシェアを持っている3つのドメインになっています。

メリット

独自ドメインを持つ最大のメリットは、「ホームぺージが作れる」こと、そして「メールアドレスが作れる」ことになります。

今であればワードプレスを作る人も多いので「ワードプレスが作れる」こともメリットに入るでしょう。 (ワードプレスは簡易制作できるホームぺージだと思ってください)

独自ドメインのメリットは、ほぼ、この2つに集約されます。それぞれ、どんなメリットがあるのかを考えてみます。

ホームぺージ(ワードプレス)を持つメリット

独自ドメインの専用メールアドレスを持つメリット

このようにホームぺージやメールアドレスを持つと様々なメリットがあります。

料金

ドメインの料金ですがおおよその料金で説明すると、年間1,000円~4,000円ぐらいになります。

「.com」だと1,200円~1,500円
「.jp」だと3,000円
「.co.jp」だと4,000円

あくまでも概要ではありますが、このあたりが平均の価格帯だと思ってください。 そして、これは1年間分の料金になります。月額料金ではありません。

料金を払って、1年間独自ドメインの権利をもらっていると考えましょう。

独自ドメインの登録方法

どのようにしてドメインを作成するのか、準備について詳しく解説します。

準備1.あなただけのドメインを考える。

まず、独自ドメインを持つための準備は、欲しいドメイン名を考える所から始まります。

効率的な作り方の考え方として、独自ドメインが「キーワード」+「ドメインの種類」の2つの要素から作られることを意識してください。

キーワード要素

「キーワード」の考え方として、まずはサイトに関連した単語をピックアップしましょう。当サイトであれば「domain」がそれにあたりますので「domain」を起点として「domain」「domain-study」「domain-idea」「domainjapan」などを候補として作ることが出来ます。

起点となるキーワードを探すには会社名、サービス名など、なんでも良いので思い付いたフレーズをノートにリストアップしてみましょう。 どのようなドメイン名があるのか、競合するサイトを調べてもいいと思います。

ドメインの種類

次に考えるのがドメインの種類になります。

ドメインの種類には「.com」「.jp」「.co.jp」、他にも「.shop」「.inc」など100種類以上あります。

「.jp」など人気のドメインだと、多くの独自ドメインが登録されていますのでキーワードを長くしても既に登録されていることが多くなっています。

そのため、「キーワードはそのままがいい」という場合は、「.shop」「.inc」など別の種類から探して登録することになります。

ドメイン名を考えると、どうしてもこの辺りのバランスに悩むことになりますが、感覚的にはキーワードを工夫して(長くして)、人気の「.com」「.jp」で作っているドメインが多いような気がします。

ドメイン名に迷った時に考えたい5つのアイディア

準備2.ドメイン検索で取得できるかどうか調べる

作りたいドメイン名がある程度固まってきたら、次にドメイン検索をして「実際に登録されているかどうか」 を調べます。

ドメイン検索をするためのサイトは、いくつかあります。基本的にドメイン会社であればどのサイトでも検索できるようになっています。ここでは、ムームードメインの検索ページを紹介します。

ドメイン検索


ドメインを調べるには、検索欄に自分で考えたドメインを入力して調べるだけなのでとても簡単です。 人気のキーワードだと取得済みになっていることが多いですが何回でも無料で調べることができます。

例えばキーワード「domain」で調べてみると、次の画面のようになります。 単一キーワードなのでほとんどのドメインの種類で、既に登録されていることがわかります。

ドメイン検索その2

購入できる場合は、次のように「カートに追加」のアイコンが表示されます。

ドメイン検索その3

準備3.支払いを行う

ドメインが他の人に取得されていないことがわかったら、そのまま「カートに追加」をクリックしいて、支払いの画面に移動することができます。

銀行振込やクレジットカード払いなど複数の支払い方法に対応していますので、好きな支払い方法で払えばOKです。

この支払いを終えた時点でドメイン登録が完了となります。ドメインの権利はあなたのものになっています。

契約期間の「期限切れ」には注意。

ドメインの取得で注意してほしいのが「期限切れ」です。 ドメインは1年ごとの契約になっていて1年間たつと契約が切れるわけですから、もう一度料金を支払わなくてはいけません。

期限が切れる1ヶ月前から何回もメールが送られてきますので、メールを確認すれば忘れることはありませんが、 メール自体を見ていないと、そのまま未払い状態になりドメインの権利が失効することになります。(※ドメインは1年ごとの有効期限切れに注意!

私もドメインの支払いを忘れ、期限切れ後に気がついて焦ったことが何回もあります。 1週間ぐらいだと、そのまま料金支払って大丈夫なんてケースがほとんどでしたけど、 間に合わずにドメイン失効っていうのもありました。

最近になって、未払いでも期間が1ヶ月ぐらいであれば、ドメインを戻せるようになりました。ただし有料となり費用がかかります。

クレジットカードの自動支払いなどを設定することで、 忘れないように気をつけましょう。

ドメイン会社紹介

独自ドメインが登録できる会社は数多くありますが、6社を選び紹介しています。