転送量とは?

転送量とは?レンタルサーバーにおける転送量の解説と調べ方

当ページでは(1)転送量について意味の解説、(2)転送量を調べる方法、(3)各プランにおける転送量の容量比較。この3つについて詳しく説明をしています。

結果として、この「転送量」は、ほとんどのプランで充分な容量が準備されています。 サイトのアクセス数が最低で数万でもない限り、制限にかかることはないでしょう。

転送量とは「アクセス数」×「1ページあたりデータ量」のこと

転送量は、「アクセス数」✖「1ページあたりデータ量」で計算されます。

実際に、当サイトにおける1日あたりの転送量を計算してみましょう。

1日のアクセス数が500あるとします。そして1ページあたりのデータ量が平均1MBだとします。 この場合、1日あたりの当サイトの転送量はどのくらいになるでしょうか。

「500アクセス」×「1MB」= 500MB(0.5GB)(1日分の転送量)

計算すると500MBが当サイトの転送量ということになります。 これをGB(ギガバイト)に変換すると0.5GBバイトとなります。 もし、アクセス数が1日に2,500アクセスあれば、1日あたりの転送量は2.5GBになります。

「2,500アクセス」×「1MB」= 2,500MB(2.5GB)(1日分の転送量)

このような計算方法で、サイトの転送量が決まっています。

1日1万アクセスあっても転送量には問題なし

仮に1日1万アクセスあるホームぺージがあるとします。

1ページあたりのデータ量を1MBだとすると、転送量は「10,000アクセス」×「1MB」=10,000MBとなります。 GB(ギガバイト)に変換すると10GBになります。

「10,000アクセス」×「1MB」= 10GB(1日分の転送量)

エックスサーバーでは1日あたりの転送量が70GB迄となっているので、1日で10GBを使っても、60GBも余ることになります。

そのため、1万アクセスあっても転送量に影響が出ることはほぼありません。

プラン選びにおいて、転送量は気にしないでも良い要素と言って良いでしょう。

当サイトの1ページあたりのデータ量はわずか210KB

今回、1ページあたりのデータ量を1MBとして計算していますが、実際のホームぺージにおいては どのぐらいのデータ量になっているでしょうか。 海外の調査サイトであるGTmetrixを使ってみます。

当サイトの場合はHTMLで作っている静的サイトのためデータ容量は軽く、このページについてはわずか210KBとなっています。

ワードプレスの1ページあたりデータ量は大体1MB~3MB

実際には、ワードプレスを作る方が多いと思いますので、ワードプレスにおける1ページあたりのデータ容量についても調べました。

ワードプレスで構築されていそうなサイトを5つほど調べたところ、大体1MB~3MBの範囲になりました。 調査したページはメインページではなく、記事ページになっています。

結果、素材のデータ量が大きな割合になっているところもあれば、 意外にもJavascriptのデータ量が素材データよりも大きくなっているページも半数近くありました。 これは、企業が作っているサイトも入れたため、多くのJavascriptが導入されているからだと思います。

体感的に、1人で作る一般的なワードプレスサイトであれば、1ページあたりのデータ量は1MB~2MBぐらいになるのではないかと予想します。

1ページあたりデータ量が2MBでも、1万アクセスは制限範囲内

仮に1ページのデータ量が2MBで、アクセス数を1万とした場合でも、1日の転送量は合計20GBしかなりません。

エックスサーバーでは1日70GBまで受け付けてくれますので、これでも50GBの空きがあります。

転送量(データ量)を調べる方法

データ量を調べるには海外の調査サイトを活用します。

サイト全体のデータ量を調べることも出来ますし、1ページごとのデータ量を調べることも出来ます。

1ページあたりの転送量を調べる方法

GTmetrix

GTmetrixはサイト表示やデータ量など、様々な調査が簡単に出来るWebサービスになります。 サイトに入ったら調べたいページのURLを入れましょう。

データサイズやサイト表示の時間についてだけであれば、無料版のサービスで調べられます。

1分ぐらい待つと、結果が表示されます。最初に出てくる画面についてはページデータ量ではないので、こちらは確認をしなくても問題ありません。

「Page Details」の部分にページ量の内容が載っています。 IMGは素材データ。JsはJavascriptのデータ、HTMLはHtmlのデータ量など種類別に確認することが出来ます。

サイト全体の転送量を調べる方法

サイト全体の転送量を調べるには、レンタルサーバーに付属しているアクセス解析を活用します。

例えばエックスサーバーではログイン後に、該当ドメインにおいて「アクセス解析」を作成、 アクセス解析の管理画面にて「転送量」をクリックすることでサイト全体のデータ量を調べることができます。 (アクセス解析がついているレンタルサーバーの場合)

レンタルサーバー各プラン・転送量の比較

各社レンタルサーバーの転送量制限について表にまとめてみました。
「ConohaWing」と「お名前」については月単位で公表しているため、1日あたりの数値に直しています。

会社名 転送量
Conoha Wing 900GB/日(27TB/月)
お名前レンタルサーバー 300GB/日(9TB/月)
エックスサーバー X10プラン:70GB/日
X20プラン:90GB/日
X30プラン:100GB/日
ヘテムル 60GB/日
さくらレンタルサーバー ライト:40GB/日
スタンダード:80GB/日
プレミアム:120GB/日
ビジネス:160GB
ビジネスプロ:200GB
ロリポップ エコノミー:1GB/日
ライト:5GB/日
スタンダード:10GB/日
エンタープライズ:無制限
GMOクラウド 転送量無制限(※ベストエフォート型)
CPI 転送量無制限(※ベストエフォート型)
WADAX 転送量無制限(※ベストエフォート型)

ベストエフォート型の転送量無制限サーバーについても、混雑時にはサイト表示速度が遅くなることもあります。

まとめ

転送量に注意する場合は、それなりにアクセス数があるホームページとなります。

一般的に500円未満の格安レンタルサーバーであれば1日に3,000アクセス。 1,000円~1,500円のレンタルサーバーであれば1万アクセスが転送量制限にひっかかる 基準となっているような気がしています。

ニュースサイトなどアクセス数が集まりやすい分野での媒体を作る場合。 1日あたり50GBを超える転送量が確保されているレンタルサーバーを選ぶことをおすすめします。