ドメイン取得への道

ドメイン取得への道

レンタルサーバーの自動バックアップサービスをわかりやすく説明

レンタルサーバーの「自動バックアップサービス」」とは、ワードプレスやホームページといった Webデータだけでなく、データベース、メールのデータを自動的に保存してくれるサービスになります。

この、バックアップされたデータがあることで、エラーによってワードプレスの画面が表示されなくなった場合や、 パソコンにあるサイトデータを間違って削除した場合でも、データを戻すことが出来ます。

自動バックアップとはどんなサービスなのか?

データの保存領域は「Web」「メール」「データベース」の3つ

バックアップデータには「WEB領域」「データベース領域」「メール領域」の3つの保存領域があります。

WEBやデータベースについてはほぼ全てのレンタルサーバーで保存しています。

ただし、メールデータについては「バックアップ外」となっているところもあります。 会社用のメールサーバー用としてレンタルサーバーを借りる場合は、この辺りをよくチェックしてプランを選びましょう。

7日か14日分のデータを保存してくれるプランが多い

1日1回のバックアップで、7日分や14日分のデータを保存してくれる所が多くなっています。

当サイトが紹介しているプランでは、「CPIレンタルサーバー」だけはバックアップ期間が30日分と長くなっています。 これは、恐らくCPIが法人向けプランなのでデータ保護の期間を長くしているためだと思います。

また会社によってはバックアップ期間を3世代前、7世代前というような言い方で表現していますが、 これは1日1回のバックアップで7世代前までということであれば、7日前までのデータを遡って取得することが出来る。という意味になります。

3日に1回のバックアップであれば、21日前までデータが保存されている。ということになります。

自動バックアップは無料が基本。一部は有料の場合も

バックアップデータを使う場合、無料でサービスを受けられる会社と有料になる会社に分かれます。

有料の場合は「月額制」か「データ利用時に1回払い」など、それぞれ料金がかかる形が違います。

以前は有料でサービスを提供していたプランが大半でしたが、最近では無料でサービスを受けられる所が増えてきています。

リストア作業(復旧)は簡単なのか?

実際に自動バックアップで保存されているデータを復元することをリストアと呼びますが、 このリストア作業がどれくらい簡単にできるのか?というのも大切なポイントになります。

リストア作業もエックスサーバーやConohaWINGなどのレンタルサーバーでは、 管理画面から簡単にデータをもってこれるようになっています。

バックアップサービスの比較


会社 日数 領域 料金
CPI 30日分 web・DB 無料
Conoha Wing 14日分 Web、DB、メール 無料
エックスサーバー 14日分 web、DB、メール 無料
お名前レンタルサーバー 14日分 Web・DB・メール 無料
カラフルボックス 14日分 web、DB 無料
ロリポップ 7日分 web、DB、メール 月額300円
WADAX Web・DB 月額220円~
ヘテムル 7日分(Web、メール)
14日分(DB)
Web、DB、メール 1データ:5,500円

レンタルサーバーの比較10要素

プラン選びは自動バックアップサービス以外にも料金、スペック、サービスなど様々な要素が関わってきます。

レンタルサーバーの比較要素として10つの要素をピックアップして、それぞれのページで解説しています。プラン選びの判断材料にして下さい。

安定性を求める方は:「稼働率
料金が気になる方は:「料金・コスト