大容量レンタルサーバーの比較

【場面別】大容量レンタルサーバーの比較&ランキング

情報量の多いデータベースやストリーミングなど動画を自前で多様する場合など、500GBや1TBと大容量のレンタルサーバーが必要になる方もいると思います。

基本的に1TB以上の容量となると、選択肢としては1台まるごと借りるマネージドサーバーや専用サーバーがメインとなると思いますが、 共有サーバーでも300GB~500GBあたりのものであれば3,000円以下で借りられるところもあります。

そこで、今回は用途別に3つのパターンで、それぞれ大容量サーバーを探してみました。

1.3,000円台のレンタルサーバーで大容量(ミドルスペック)
2.1万円以上のサーバーで大容量(ハイスペック)
3.格安サーバーで大容量(ロースペック)

その1.月額3,000円以下で容量300GB以上のプラン

月額料金が3,000円以下のプランで、データ容量が300GBを超えるプランを探してみました。

CPIだけ月額料金が4,400円で高くなりますが、載せています。

会社名 容量 料金
iCLUSTA+ 750GB
内メール210GB
初期費用5,500円
3,646円
CPIレンタルサーバー 500GB
内メール200GB
初期費用22,000円
4,400円
Conoha WING 400GB 初期費用0円
2,640円
エックスサーバー 400GB 初期費用3,300円
1,980円
さくらレンタルサーバー 300GB 初期費用5,238円
2,619円

※月額料金は1年間契約で計算

容量だけで考えたときにおすすめなのはiCLUSTA+。 ここは容量が750GBももありながら、月額料金が3,600円ほどに抑えられます。

法人企業が安定性も求めて無難に選ぶのであれば、結局のところCPIレンタルサーバーの500GBといったところでしょうか。 法人向けのサービスも実施していて稼働率や保守体制が安定しているので、借りていて安心だと思います。

その2.1万円以上でビジネス仕様な大容量サーバーを探してみました(マネージド限定)

会社としてメディアサイトを運営するなど、よりビジネスよりに大容量サーバーを探している。 容量としては1TBぐらいの容量が欲しい。といったようなケースではどうでしょうか。

この場合、選択肢としては1台まるごと借りられるマネージメントサーバーや専用サーバーを借りることになります。 マネージメントサーバーの場合料金は高くなりますが、共有サーバーのように気軽に使えてより大容量でレンタルできます。

ここでは専門的な知識が必要な専用サーバーは除き、「マネージドサーバー」限定で大容量のものを探してみました。

会社名 容量 料金
カゴヤのレンタルサーバー 1TB 初期費用4,000円
14,400円
さくらレンタルサーバー・マネージド 700GB 初期費用48,600円
12,960円
CPI 480GB~2.4TB 初期費用120,000円
37,000円

※年間契約で計算

マネージドサーバーは取り扱っているレンタルサーバー会社が多くないため、価格にばらつきが出てきます。

おすすめはカゴヤのレンタルサーバー のマネージドプランになります。 料金が1万円台で容量も1TB~2TBということでマネージドプランではおすすめだと思います。

1TBも使うレンタルサーバーが必要なWEBサイトとなると、それなりに管理者が専任で就いている場合も多いと思いますので、 専門的な管理運用が可能な場合は、AmazonEC2などでもいいかもしれません。

3.500円以下の格安サーバーで大容量なのはどこ?

300GBもいならいけれど出来れば容量は多いほうがいい。500円以下の格安レンタルサーバーの中で容量が多いのはどこなんだろう? という方に向けて格安サーバーの容量を比較してみました。

会社名 容量 料金
ロリポップ 160GB 初期費用1,650円
220円
スターサーバー 160GB 初期費用1,650円
220円
さくらレンタルサーバー 100GB 初期費用1,029円
524円

500円以下のレンタルサーバーを探してみると、容量が100GBを超えてくるものは月額料金が200円ほどのプランになります。

ロリポップやさくらレンタルサーバーなどでは、もっと安い価格帯のプランがありますが、その場合の容量は100GBを切ってしまいます。

結局、大容量でおすすめのレンタルサーバーは「CPI」

一言に大容量といっても、それぞれ用途が異なりますので一概に1つだけのレンタルサーバーをすすめるのも難しいです。 レンタルサーバー運用の知識があればVPSのサービスも選択肢として入ってくるため、そうなるとまたおすすめできるものも変わってきます。

安定性を兼ね備えた大容量レンタルサーバーでということであれば、 4,000円台ですこし料金はかさみますが「CPIレンタルサーバー」がいいのではないかと思っています。

CPIレンタルサーバー

【お得情報】返金保障なんと20日間
料金 初期料金:20,000円(1年契約時:0円)/月額:4,400円(1年契約時:3,800円)
稼働率 SLA(品質保障制度)稼働率100%
データ容量 500GB(内メール200GB)

CPIレンタルサーバーは本格的な法人向けでの十分に耐えられる法人向けサーバーと言えます。 稼働率100%保障だけでなく容量、データーベース、マルチドメインも無制限。24時間365日の電話サポート(有償)。

制作支援ツール「SmartRelease」によりテストサーバーの構築が不要に。さらに「Git」にも対応しています。 さらに「サーバー移転代行サービス」によってサーバー移転もかんたんに実施できます。

CPI公式

レンタルサーバー

サイトビルダー

特集