ドメイン取得のデメリット

【解説】独自ドメインを持つデメリット3つと注意点

これまでドメインを300個以上取得して管理してきた経験から、ドメイン取得のデメリットについて解説したいと思います。

主に独自ドメインを取得するデメリットは3つあります。「管理がかかること」が1つ。「Whois情報」として個人情報が表示されることが1つ。また、少なからず費用が発生すること。このように3つのデメリットがあります。

それぞれについて解説を行います。

その1.ドメイン管理をしなくてはいけない

ドメインは基本的に1年契約になります。1か月単位では支払いはできません。そのため1年ごとに料金の支払いを自分で行わなくてはいけません。

1年間というのが悩ましいところで、期間が長いために支払いを忘れてしまう人が大変多くなっています

ドメインの運営で多いのが「ドメイン料金」の支払い忘れ

独自ドメインを持つ方で、最も多く発生している管理問題が「料金の支払い忘れ」になっています。

ホームページが表示されなくなったと思ったら・・・、実はドメインの更新期限が過ぎていた。なんてケースがけっこうあるようです。

クレジットカード払いにしていれば自動更新による支払いを選べば、この問題には対応できます。また、独自ドメインの支払い期限前には、大体2回~3回はメールが来るようになっています。ただし、様々な理由で「メールも見ていなかった」「クレジットカードが落ちなかった」ということもあるわけです。

私も、これまで沢山の独自ドメインを持っていましたが、何回か料金を支払い忘れてドメインが削除されてしまったことがあります。

クレジットカードの自動支払いなどで対応しよう

ドメイン料金の支払いについては、クレジットカードの自動支払い登録をしておくことが、対応策としては効果的だと思います。

ハガキで支払いを教えてくれるのが「お名前ドメイン」

この、料金支払いが気になる人にとって良いサービスをしてくれるのが「お名前.com」になります。1番シェアを持っているドメイン会社になりますが、料金の支払い忘れの人があまりにも多いからか、期限が近づくとメールだけでなくハガキを送ってくれます

おそらくドメイン会社でハガキを送ってくれる唯一の会社になります。これであれば普段メールを見ない人でも、支払い予定に気が付くことが出来ます。

お名前.com(ハガキで期限をお知らせしてくれる)

しばらくすぎてもドメイン復旧サービスをしてくれる

2019年ぐらいからお名前.comやムームードメインなど多くのドメイン会社で、独自ドメインを復旧してくれる「復旧サービス」を行ってくれるようになりました。

ドメインの種類によって最大で1ヶ月ほどは、支払い忘れても独自ドメインを戻すことが出来るようになりました。大変ありがたいサービスになりますが、これがかなり費用がかかります。

私がこの復旧サービスをお願いした時には2万円の料金がかかりました。1週間ほどであれば料金も低くなりますので、忘れないように気を付けましょう。

その2.Whois情報に個人情報が表示される

実は独自ドメインは取得をすると「Whois情報」といって、名前・メールアドレスなどの登録情報が自動的に公表されます。このWhois情報は誰でも簡単に調べられることができますので、調べようと思えばすぐに調べることが出来ます。
(※解説:Whois情報についてのまとめ

このWhois情報については、ドメイン会社で代理登録制度というのがあります。そのため、設定をすることでドメイン会社の名前で登録することが出来るようになっています。誰でも自分の名前が出てしまうのは嫌だと思いますので、ほとんどの人はこの登録制度を設定しています。

その3.費用がかかる

あたりまえですがドメインを取得するにはドメイン費用がかかります

「.com」「.net」などの独自ドメインは料金が抑えられていますが「.jp」になると年間3,000円ぐらいの料金になります。また、法人しか取得することが出来ない「.co.jp」だと年間で4,000円ぐらいの料金となります。

1年間の料金なので決してそこまで高いものではありませんが、基本的に無料で持てるものではありません。

レンタルサーバーの費用も考えれば年間で5,000円~15,000円ほどかかる

一般的に独自ドメインを取得したら、一緒にレンタルサーバーも借りる場合がほとんどになります。独自ドメインだけでなくレンタルサーバーの費用もセットにして考えてみます。。

この場合、独自ドメインとレンタルサーバーの費用をあわせて考えると、月額500円ほどの格安レンタルサーバーで借りたとして年間7,000円~8,000円ほどかかります。

ミドルスペックのレンタルサーバーなら平均で月1,200円ぐらいなので、1年間の計算で12,000円~15,000円の費用になるのが、おおよその基準になると思います。

費用がかかることはデメリットと言えるでしょう。

【まとめ】デメリットよりもメリットのほうが多い

独自ドメインを取得する際のデメリットを3つお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

独自ドメインを持ってワードプレスやホームページを作るということは、費用、管理、設定が発生しますので、労力がかかります。

けれども、それ以上にメリットが大きいと思います。

集客や広告収入などドメイン取得することのメリットは大きい

まず、1番の魅力は自分・自社のワードプレスやホームページ、専用メールアドレスを持つことによって集客ツールになることでしょう。

アクセス数。つまり、訪問者が増えればGoogleアドワーズのような広告を貼っておくだけでも収入になります。

Web関係やIT関係などインターネット関係の仕事を探している人であれば、自分が作ったホームページを面接用に紹介することもできます。

ワードプレスやホームぺージを運営をするには、それなりに時間も労力も必要になりますが、総合的に考えるとデメリットよりメリットが大きい。のではないでしょうか。