FC2ドメイン

【2021年】低価格な「FC2ドメイン」を解説

【お得情報】FC2ブログとセットで「.jp」ドメインが1年目無料に!
料金 「.com」:1年目1080円/2年目以降1080円
「.jp」:1年目2780円/2年目以降2780円
「.co.jp」:1年目3920円/2年目以降3920円
支払い方法
自動更新
クレジットカード・コンビニ・銀行振込み・ペイジー決済
自動更新:あり
whois情報 ○:代理公開制度あり

FC2ドメインは「.com」料金が初年度1,080円となります。 これは2021年9月時点では、当サイトで紹介しているドメイン会社で最も低い料金になります。

「.jp」ドメインキャンペーンを行っていて、 「FCホームぺージ」と同時登録することで本来2,780円のjpドメインが999円で登録できます。

同じ会社が提供している月額250円の「FC2レンタルサーバーLite」は容量5GBでワードプレスも作れます。

FC2ドメイン公式

f2cドメイン キャンペーン

料金について

「.com」は1080円、「.net」は年間1180円。「.jp」は年間2,780円、「.co.jp」は年間3,920 円になります。

特長的なのが、どのドメインも初年度と2年目以降の料金が一緒ということ。

そして「.co.jp」の料金については当サイトが紹介しているドメイン会社で最も低い料金になっています。

メリットとデメリット

メリット:料金が低く提携サービスが多い

FC2ドメインには「FC2ホームぺージ」「FC2レンタルサーバー」「FC2レンタルサーバーライト」などの サービスがあります。連携により簡単にドメインを設定することが出来ます。

デメリット:総合的なサービスの改善

FC2ドメインの料金は低くなっていますが、ホームぺージやレンタルサーバーなど関連サービスについては、 スペック、管理画面、付帯サービスと、総合的な面で他社サービスと比べるとまだ改善の余地があります。

独自ドメインとの連携を生かすためにも、レンタルサーバー側のサービス向上が欲しい所ではあります。

まとめ

FC2ドメインは、料金設定にメリットがあります。 ただし、他社で展開している初年度料金キャンペーンやドメイン無料キャンペーンなどは行っていません。 キャンペーン分も含めると、他社と同じぐらいの料金になるとも考えられます。

連携しているFC2ホームぺージは登録者が多いサービスになります。 どちらかと言うとワードプレスの開設のためドメインを登録するドメイン会社というよりも、 FC2ホームぺージなどの他のFC2サービスの利用者が、キャンペーンなどを活用してお得にドメインを登録するサービスと言えるでしょう。

FC2ドメイン公式

各社解説

ドメインとは

特集

サービス解説

レンタルサーバー