ドメイン取得への道

ドメイン取得への道

高月商ECサイトが多い「Futershop」を徹底レビュー【2021年10月】

【キャンペーン】 
料金 初期料金:22,000円
月額料金:22,000円
テーマ数 40種類
アプリ 250種類

Futershopの特徴は「月商が大きいショップが多いこと」「販売コストが低いこと」の2つと言えます。

まず、販売コストの面では1つにつきコストが3.2%になります。大くのショッピングカートサービスと比べて業界最高水準の低さになっています。

そのため、月商が大きいショップの登録が多く、登録ショップの平均月商も業界最高水準となります。

初期費用も発生し、月額料金も5,5000円とかなり費用負担がかかりますが、ショップを大きく育てたいのであればFutershopは検討サービスに入ります。

Futershop公式

フューチャーショップのここがすごい

集客を増やすための実装が良い

フューチャーショップは250種類近い実装があり、専門的なECサイトを構築するには充分なほどになっています。 海外向けの販売についても充実していて、海外ECを考えているサイトにも向いています。

日本語による充実したサポートで大きく出来る

フューチャーショップは日本企業が運営しています。そのためサポートは日本語で受けることが出来ます。 それだけでなく、セミナーやレクチャーなど問い合わせだけでなく、授業を受けて学ぶことも出来ます。

フューチャーショップのここが気になる

Futershopでウィークポイントがあるとすれば、やはり料金になるでしょう。 ECサイト構築サービスは数多くありますが、最も月額料金が高い価格帯のサービスになっています。

その分、販売コストは1アイテムにつき3.2%~になります。販売コストは月額料金とは反対に、業界最低水準で低コストになっています。

つまり、ある一定の規模を超える販売量があれば、販売コストの低さから「もっともコストがかからないEC構築サービス」になりますし、 販売量が少ないと「月額料金が高いEC構築サービス」になると言うことになります。

そのため、Futershopには規模の大きいECサイトが集まり、平均額が業界で最高 水準になっています。

フューチャーショップの料金について

フューチャーショップの料金は初期費用が10000円、月額料金が10000円になります。 プランは2プランあり、プラン2については月額料金は20000円になります。

販売コストは3.2%~となります。

プラン1 プラン2
初期費用
月額料金
販売コスト

Futershop公式

メリットとデメリット

【メリット】販売コストの低さとオリジナルのサービス

販売コストが3.2%~で業界でも最も低い料率となっています。そのランニングコストの低さから大きい会社のECサイトが集まっています。

ECサイトの規模を大きくしたい場合は、フューチャーショップやmakeshopのコストの低さは重視する所になるでしょう。

【デメリット】月額料金がたかい

販売コストが低いのと反対に、月額料金はたかくなっています。通常プランでも22,000円となります。 固定費がたかいため、規模感のあるECサイトでないと月額料金の負担がおおきくなりすぎてしまうでしょう。

Futershopが向いている人

1.月額費用が負担にならない規模のショップ
2.
3.

Futershop公式

競合他社プラン

各社解説

特集

サービス解説