ConoHa WING

国内最速!料金もお得「ConoHa WING」を徹底レビュー【2021年5月】

【キャンペーン】Wingパックなら独自ドメインがずっと無料
料金 初期料金:0円
月額料金:1,320円(1年割で32%OFF 6/7迄)
Wordpress設置 かんたんセットアップ
わずかな情報記入だけでOK
Web表示 国内No1(2020年3月自社調べ)

Conoha WINGは、様々な割引によってお得な料金体系であり、なおかつ「Web表示が国内No1」となっています。料金面やサービス内容など、とてもバランスがあるレンタルサーバーになっています。

まず、料金面では月額料金が1,320円となります。長期割引として1年まとめてで登録すれば32%も割引されます。エックスサーバーとは異なり初期費用がかかりません。さらに、WINGプランの場合は「ドメイン料金」も常に無料になります。

エックスサーバーに比べて初年度では2,500円お得になっています。

サービス面の説明をすると、WordpressにあったWebサーバーソフトである「nginx」を搭載。技術面にもこだわりがあり「HTTP2」や「LiteSpeed LSAPI」を採用しています。そのため、Web表示が国内No1となっています

ワードプレスの導入も「かんたんセットアップ」によってとても簡単に作れるようになっています。わずかな情報(サイト名、メールアドレス、ユーザー名)などを入れるだけで作れます。他社と比べても、セットアップ内容がかなり簡素化されています。

料金もお得でサービス内容も良いため、どのプランにするか迷っている方。特に1人でこれからホームぺージを作ろうとしている方に、最適なプランだと言えます。

ConoHa WING公式

1.ConoHa WINGの料金

料金 初期料金:0円
月額換算:1,320円(1年長期割:32%OFF)
1年あたり料金 約10,700円(初期費用0円+887円×12か月)

基本の月額料金は1,320円になります。1年間の一括払いすると月額887円までお得になります(6月7日までのキャンペーン価格)。

初期費用も発生しません。ドメイン料金もWingパックだと無料登録できます(Conohaドメイン)。

そのため、1年間長期割引でサービスを開始した場合、1年合計で約10,700円の料金になります。初期費用もドメイン料金もないため、ミドルスペックのプランとしては、かなりお得な料金体系になっています。

エックスサーバーの場合、初年度の合計額は1年一括の場合だと初期費用が無料になり、合計で13,200円(月額料金1,100円×初期費用0円)になります。大体2,500円ほどConoha WINGがお得になります。

2.サーバー環境について

■PHP7+HTTP2+LiteSpeed LSAPIなどの高速化が豊富

とにかく早いレンタルサーバーということが特徴となり、高速化のための技術がまんべんなく使われています。「PHP7」が利用できるのはもちろんのこと「HTTP2」や「LiteSpeed LSAPI」など様々な技術が導入されています。

■SSD&REID10構成

そしてサーバー構成はオールSSDということですべてのサーバーにSSDが採用されています。REID10構成ということで耐障害性にすぐれた仕様になっています。

■Webサーバーソフトは「Nginx」

導入されているWebサーバーのソフトウェアは「Nginx」がメインとなっています。「Nginx」はワードプレスに向いているソフトウェアになっています。

エックスサーバーと同じソフトウェアになります。

■Web表示で国内No1を実現させる技術

多数の技術によりWeb画面の表示はレンタルサーバー業界でも国内No1となっています(2020年自社調べ)「Apache Bench(アパッチ ベンチ)」と呼ばれるツールを活用し、人気レンタルサーバー10社のサーバー速度を計測。その結果No1になっています。

その3.サービス内容

詳細
ワードプレスかんたんセットアップ 5つ程の情報記入だけでワードプレスがすぐ作れる
ワードプレスかんたん移行 他社からの移行が簡単。ワンクリックで記事や画像データなど自動移行
マルチドメイン・データベース ドメイン:全プラン無制限
データベース:60個/80個/100個
バックアップ 過去14日分を自動バックアップ
モニタリング 利用中のサーバー使用状況をグラフで表示してくれます。サーバーのリソース状況も自分で監視が可能に。
サーバーマイグレーション サーバーの混雑時には収容率の低いサーバーに移動することできます。
■ワードプレス「かんたんセットアップ」

ワードプレスの導入サービスも特徴的なサービスを展開しています。「かんたんセットアップ」では「サイト名」「メールアドレス」「ユーザーID」「パスワード」など。わずかな欄への記入だけで、それだけでワードプレスが導入できるようになっています。

また、他社から乗り換えをしたい方に向けて、Conoha独自開発のかんたん移行ツールによって、ワンクリックだけでワードプレスデータを自動移行することも出来ようになっています。

■マルチドメインは「無制限」。データベースもたくさん。

どのプランで契約してもマルチドメインは無制限になります。つまりHTMLサイトであれば 無制限に独自ドメインを登録して作ることが出来ます。

また、ワードプレスサイトを作るのに必要になるデータベース数はベーシック60個、スタンダード80個、プレミアム100個となっています。1つのアカウントで充分な数のワードプレスを展開できるようになっています。

■自動バックアップ

過去14日分のデータを1日1回自動でバックアップしてくれます。14日分というのは他サーバーより比較的、保存期間が長くなっています。また、有料オプションではないため、バックアップについてはサービスが良いです。

■モニタリング

共有サーバーの混雑度を自分で見ることが出来るという画期的なサービスです。 さらに混雑しているときはマイグレーションで違うサーバーに引越しできるので、 柔軟なサイト運用が可能になっています。

こちらのサービスは、アクセス数が多いサイトではとてもメリットのあるサービスと言えます。

■サーバーマイグレーション

ワードプレスの記事がメディアサイトで紹介されたり、インスタグラムなどで紹介されアクセス数が 増えた場合などは、マイグレーションサービスで一時的に他サーバーへ避難することが出来るのも Conoha WINGの特徴的なサービスになっています。

この価格帯の共有レンタルサーバーではここだけのサービスと言えます。

ConoHa WING公式

メリットとデメリット

【メリット】料金とサービスが総合的に良い

Conoha WINGはドメイン料金がずっと無料で、なおかつ初期費用が0円となります。月額料金も長期割を考えると同じ価格帯のレンタルサーバーより安くなっています。

それでいてWeb表示が国内No1の速さとなっており、モニタリングやマイグレーションも出来ます。料金だけでなくバランスの良いサービスを実現させています。

管理画面も独自の画面を採用していて、とても見やすくなっています。初めての人でもわかりやすく入っていける見やすいインタフェースと言えます。また、Conoha WINGで一緒に独自ドメインを登録した場合、ネームサーバー設定がボタン操作だけでかんたん設定できます。

【デメリット】導入サーバーと稼働率について

とても魅惑的なレンタルサーバーになっていますが、導入サーバーのCPUやメモリなどは非公表になっています。

また、稼働率についてもSLA保障制度を導入していますが「99.99%稼働」を実現しているという表記はありません。法人企業にとってはこの点は気になる点かもしれません。

Conoha WINGこんな人に”おすすめ”のレンタルサーバー!

1.「Web表示」と「料金のお得さ」の2つを求める人
2.エックスサーバーと比較するサーバーを探している人
3.混雑時に移動できるなど柔軟なサーバー管理をしたい人

Conoha WINGは総じてサーバーのサービスレベルが良く、かつ料金もお得なレンタルサーバーになっています。

エックスサーバーより料金的にお得であり、Web表示の速さも求められるレンタルサーバーと言えます。マイグレーションでの混雑時の自由移転など柔軟な管理をしたい人にも向いています。

エックスサーバーと導入を比較できる数少ないレンタルサーバーになるため、当サイトではおすすめレンタルサーバーとして紹介しています。

ConoHa WING公式

こんなレンタルサーバーもおすすめです。

■法人向けのレンタルサーバーを探している

法人での活用で「保守サービス」や「稼働率」を求める場合は、エックスサーバーとエックスサーバービジネスがおすすめです。月額費用は一般プランなら1,320円、ビジネスプランで5,000円ほどになります。ビジネスプランではサーバー設定・移行などの設定を無料で行ってくれるサービスもあります。

稼働率が99.99%となっていて、安定した保守体制を実現させている所がメリットになります。

エックスサーバー

レンタルサーバー

特集

解説と比較