ドメイン取得への道

ドメイン取得への道

「.jp」ドメインの特徴・料金・登録数やサイト事例の紹介

「.jp」ドメインは日本の国別ドメインの1つであり、誰でも登録することが出来ます。

日本で登録されているドメインとしては「.com」に次いで登録数が多いドメインになります。 ローマ字で登録できる「jpドメイン」と、日本語で登録できる「日本語jpドメイン」があります。

このページでは「.jp」ドメインの特徴や料金体系、また「.jp」ドメインを採用しているWebサイトを紹介したいと思います。

jpドメインの特徴&意味

「.jp」はICANN(アイキャン)によって日本に割当てられた「日本の国別ドメイン」という意味を持ちます。

「.co.jp」「ac.jp」「ne.jp」など様々な種類の「属性型jpドメイン」と、「.jp」の 「凡用型jpドメイン」という種別にわかれます。

凡用型jpドメインである「.jp」は、日本に所在地がある方であれば、誰でも作ることが出来ます。

ドメイン名 属性・意味
.jp 凡用ドメイン:誰でも登録できる
.co.jp 属性型jpドメイン:日本で登記している法人企業が条件
.ne.jp 属性型jpドメイン:ネットワークサービス提供者
.ac.jp 属性型jpドメイン:大学などの教育機関

料金について

「.jp」ドメインの料金はドメイン事業者によって様々ではありますすが、当サイトで紹介している事業者で言えば 大体、年間3,000円前後の料金になっています。

2021年11月時点では次の料金になります(2年以降の料金)

お名前ドメイン:2,780円
エックスドメイン:3,102円
ムームードメイン:3,344円

「.com」などのドメインと比べると料金は高くなっていますが、お名前ドメインやムームードメインでは キャンペーンで初年度料金が割引されていることが多くなっています。

登録数について

jpドメインの国内登録数はJPRSよって管理され公表されています。

2021年11月時点では以下の登録数になっています。

「.jp」 :約104万(1,041,516)
「日本語.jp」 :約8万(88,185)
「.co.jp」:約45万(454,588)
「.ne.jp」:約1万(12,779)

人気のドメインである「.jp」は登録数が104万となっています。 Google検索をすると多くのサイトが「.jp」ドメインで登録していることが、わかると思います。

2020年12月に100万件を突破していて1年後の2021年11月には104万件なので、年々増加しています。

「.com」の登録数が世界で1億6,000万件になっていますので、仮に1/50で割ると320万件。 「.com」には及ばないものの、jpドメインもそれなりの登録数になっています。

「.com」に次いで人気となる「.net」の登録数が1,600万件になります。1/50にすると約35万件。 概算なので正確ではないものの、おそらく「.jp」ドメインは日本で2番目に登録されているドメインと言えます。

また、法人専用の「.co.jp」は45万件になりまっす。「.jp」同様に多くの法人が「.co.jp」ドメインを登録していることがわかります。

その他の属性型「.jp」ドメインの数を加えると、.jpドメインの累計登録数は約166万(1,668,324)となっています。

.jpをドメインにしているWebサイトの紹介

「.jp」を採用しているWebサイトの事例を紹介します。

サイト名 URL
トヨタ自動車 https://toyota.jp/
アウディ https://www.audi.co.jp/
UQモバイル https://www.uqwimax.jp/
PR Times https://prtimes.jp/

各社解説

ドメインとは

ドメイン基礎

特集

サービス解説

ドメイン特徴