ワードプレスのログイン方法がわからない

ワードプレスのログイン方法がわからない場合の対処法

ワードプレスを運営していてログインが出来なくなるケースとしては、いくつかの場面が考えられます。

(1)ユーザー名やパスワードを忘れた
(2)ログインURLを忘れた
(3)ログイン画面が表示されなくなった

それぞれのケースにおいて、対処方法を解説してみたいと思います。

1.ユーザー名やパスワードを忘れてしまった場合

パスワード忘れ

パスワードを忘れても、パスワードの再発行から設定を変更することができます。

「パスワードをお忘れですか?」をクリックし、メールアドレスかユーザー名を入力することで 登録メールアドレス宛にパスワード変更メールが届きます。

ユーザー名忘れ

もしユーザー名を忘れてしまった場合は、登録していると思われるメールアドレスを入力してみましょう。

ユーザー名の入力は「ユーザー名」及び「登録メールアドレス」の入力をすればOKなので、自分が使っているメールアドレスのどれかを入力することでログインできる可能性があります。

ユーザー名の登録メールアドレスも忘れてしまった場合

ユーザー名の入力において登録したメールアドレスも忘れてしまって、いくつか入力しても ログインできない場合は、データベースからユーザー名とパスワードを調べることができます。

普通、データベースに入って調べるのはとても難しいので、出来ない方が多いと思います。 ただエックスサーバーなどであればレンタルサーバーにログインして、MYSQLなどのデータベース部分から入ることで調べることができます。

2.ログインするためのURLを忘れた場合

次に考えられるログインできないケースの例は、「ログインURLがわからなくなってしまった」ケース。 このようなことがないようにログインURLなどはお気に入りに登録しておきましょう。

ログインURLを忘れてしまった場合の、対応方法として取得したドメイン名に 次のURLを追加することで画面を表示する方法になります。

  • ドメイン名/wp-admin
  • ドメイン名/wp-login.php

ご自身の取得したドメイン名については、ドメイン会社にログインすればわかります。 登録ドメイン名に「/wp-admin/」を追加し、URLを表示させることでログイン画面が表示されます。

追加URLを入力しても表示されない場合

ドメイン名に「/wp-admin」や「/wp-login.php」を入力してもログイン画面が表示されない場合、 ワードプレスのデータを「wp」フォルダなどに入れている可能性があります。

そのため追加入力する場合も「wp/wp-admin」や「wp/wp-login.php」といったように、 「wp」も加えて追加してみてください。

これまで10社以上の会社でワードプレスを作成してきましたが、大体の場合、ワードプレスのデータを入れているフォルダは「wp」でした。そのためここでは「wp」を追加する形にしています。

3.ログインURLは合っているけど画面が表示されない

ログインが出来ないケースとして考えられる3つ目のケースが 「ログインURLはあっているけど画面が表示されない」「404 notfoundの画面も出てこない」 というケースではないでしょうか。

例えばワードプレスの修正や、バージョンアップなどを行った際、ログイン画面に入ってみたけれども 画面が出てこないというパターンにあたります。

お気に入りでサイト登録していれば、URL間違いということもありません。 この場合は、修正