webディレクターの仕事内容

【解説】Webディレクターの仕事内容・就業先。就職するための方法

ホームぺージやWebサービスを作るための、チーム管理・調整を任される仕事がWebディレクターになります。

このページでは、Webディレクターの「仕事内容」「就業先」「就職方法」について、それぞれ説明していきます。


仕事内容の説明

(1)企画(打ち合わせ・ワイヤフレーム作成)

まず、Webサイトを作るにあたって、企画段階からWebディレクターが関わることもあります。より大きな会社では、この部分が分業化されている所もありますが、Webディレクターであっても企画の打ち合わせに参加することもあるでしょう。

制作にあたり、より適切なサイトテーマ・ページ制作の方向性など。制作する業態への理解が求めれます。採用の特設サイトを作る場合であれば、動画を入れたページの提案など、業態ごとの近況を把握しておきましょう。

企画段階を経て、次にサイトのカンプとなるワイヤーフレームを作っていくことになります。Webデザイン前の簡単なイメージ図であるワイヤーフレームを作り、それをWebデザイナーに渡す形になります。

(2)制作管理(スケジュール調整・制作管理)

実際に制作段階に入ると、まずはWebデザイナーがカンプからWebデザインを起こしていくことになります。次にHTMLのコーディング作業や、より大きな制作物であれば、Javascriptやデータベースの導入など開発側との連携も入っていくことになります。

Webデザイナー、コーディング、開発など、制作にあたってチームで作ることになりますので、それぞれの制作段階、スケジュール感について連絡・調整をするのがWebディレクターの役割になります。

スケジュールの遅れや、実装が難しい場合、どのように対応するべきなのか。また問題が発生した場合に、発注先との間に入り調整をするのも大切な業務になります。

いろいろ起こる問題に対して対策・調整を行い、スムーズに良い制作物を作っていくための管理業務がWebディレクターのベースとなる業務になります。

(3)改善施策

作った成果物に対して、制作会社であれば発注先に渡し業務が完了する形になります。自社サイトのサービスサイトなどであれば、その後の改善施策について一部、担当することもあるでしょう。

制作後に出てくるアクセス数や、訪問者の導線などのデータから、どのようなページを追加で作っていくべきなのか、どのような内容を追加するべきなのかを考えることになります。

商材を置いてあるページであれば、「リコメンド(あなたに向いている商材)を追加で置いたらどうか」などを考え、実際に自社でそれが実装できるのか、制作チームの負担などから判断していくことになります。

このように制作後の改善施策に関わることも、Webディレクターの業務内容になります。


就業先

インハウス企業

Webディレクター職で求人数が多いのが、自社サービスを展開している会社での就業になります。自社のWebサイトに限らず、ECサイトや

制作会社


Webディレクターになるには

Webデザイナーからキャリアチェンジする