ホームページ作成

【独学】ホームページ作成を勉強してWebデザイナーになる

このカテゴリーではワードプレスではなく、通常の「ホームページ」の作り方を学ぼうとしている方に向けて「HTML」以外の部分について解説をしています

ホームぺージ制作においては「HTML」だけでなく、「Photoshop」などのアドビソフトへの理解であったり、イラストや画像が揃っている「素材サイト」の把握、さらにデザインに適したフォントの知識など。HTML以外の部分も、総体的に知識を持っているとベストだと思います。

また、そのホームぺージ制作の先として「Webデザイナーになりたい」「Webデザイナーはどんな仕事なんだろう」と考えている方に向けて、仕事内容や、実際の就職環境についてまとめてみました。

別途、HTML学習については「HTMLカテゴリー」で。
ワードプレスの知識については「ワードプレスカテゴリー」で解説しています。


ホームぺージ制作の知識

1.ホームぺージ作成(5つの作り方)

一概にホームページを作るといっても、多くの作成方法があります。1人の方が作るホームぺージ作りから、仕事で業務として作るホームぺージ制作まで、ホームぺージを作る5つの方法について紹介します。現在(2021年)どのような作成方法があり、どの作り方がメインとなっているのか。前提条件を把握しておきましょう。

5つの作成方法として、①Wordpress(ワードプレス)、②ホームぺージ作成ツール(WIXなどのウェブサイトビルダー)、③ホームぺージ作成ソフト、④アドビ用ソフト(Dream Weaver)、⑤テキストエディタ(メモ帳、Noエディタ)など。それぞれの作り方について、特徴と概要を紹介しています。

2.Webデザインが勉強できる「ギャラリーサイト」

企業やお店、またはキャンペーンサイトなどのWebデザインを紹介してくれるのが「ギャラリーサイト」。様々なWEBデザインを見ることで、制作するサイトのヒントを見つけられます。

1つ1つデザインが良いホームぺージを探すには時間がかかります。ギャラリーサイトで効率的にWebサイトを探しましょう。

3.イラストや画像が探せる「素材サイト」

素材サイトを知って入れば、適したイラストや画像を探しだしやすくなります。そして、自分のサイトで活用することが出来ます。

画像の活用はWebデザインを良くする大きな要素になりますので、素材サイトの把握はそれなりに大切なところと言えます。


Webデザイナー、Web業界の仕事

1.Webデザイナーの仕事内容、なり方。

Webデザイナーの実際の業務は、どんな仕事内容になっているのか?

仕事内容を、実際の求人で区分されている内容ごとに、いくつかに分けて解説しています。

2.Web業界の仕事5つ

Web業界といっても、就職する場所は様々になります。自社でサイトを持っている「インハウス」での仕事、様々な企業やお店から制作依頼を受けて作る「制作会社」、そしてインハウスでも自社でECサイトを持っている「ECサイト」など。

Web業界の仕事を、独自に業種分類してみました。どのような業種があるのか、その特徴を知っておくと自分が働きたい場所を見つけやすくなるでしょう。