ドメイン取得のデメリット

独自ドメインのデメリット3つと注意点

これまでドメインを300個以上取得して管理してきた経験から、ドメイン取得のデメリットについて 解説したいと思います。

主に独自ドメインを取得するデメリットは3つあります。それは「料金がかかる」点が1つ、 「管理が大変な点」が1つ、最後に「Whois情報登録の設定次第では個人情報が丸わかりになってしまう」点が1つ。 の3つのデメリットが考えられます。

それぞれについて解説を行います。

デメリットその1.ドメイン料金がかかる

あたりまえですがドメインを取得するにはドメイン費用がかかります

1つのドメインを1年間契約するのに「.com」で安いところであれば大体1,000円ぐらい。 キャンペーン価格でもっと安くなる場合もありますし、会社によっては数千円する会社もあります。

「.com」以外の場合、「.jp」や「co.jp」などドメインの種類によっても価格が違います。

「.com」「.net」なんかは安いんですが「.jp」になると年間3,000円ぐらいの料金になり、 法人しか取得することが出来ない「.co.jp」だと4,000円ぐらいの料金となります。

1年間の料金なので決してそこまで高いものではありませんが、 基本的に無料で取得できるものではありません。

レンタルサーバーの費用も考えれば年間で5,000円~15,000円ほどかかる

一般的に独自ドメインを取得したら、一緒にレンタルサーバーも借りる場合がほとんどではないでしょうか。 ドメインだけでなくレンタルサーバーの費用もセットにして考えましょう。

ドメイン費用とレンタルサーバーの費用をあわせて考えると、 月額500円ほどの格安レンタルサーバーで借りたとして年間7,000円~8,000円ほど。 ミドルスペックのレンタルサーバーなら平均で月1,000円前後なので年間計算で考えると12,000円~15,000円というのが大体の基準になると思います。

デメリットその2.ドメイン管理をしなくてはいけない

ドメインは基本的に1年契約になります。1か月単位では支払いはできません。 なので1年ごとに料金の支払いなどを自分で行わなくてはいけません。

1年間というのが悩ましいところで、期間が長いために支払いを忘れてしまう人が大変多くなっています。

ドメインの運営で多いのが「ドメイン料金」の支払い忘れ

このように最も多い管理の問題が「料金の支払い忘れ」になっています。

ホームページが表示されなくなったと思ったら・・・、実はドメインの更新期限が切れていて失効していた。なんてケースがけっこうあるようです。

クレジットカード払いにしていれば自動更新してくれるところも多いですし、 ドメインの期限が切れそうなときには大体2回~3回ぐらいはメールが来るので忘れていても大丈夫なケースが多いんですが、様々な理由でメールも見ていなかったということもあるわけです。

自分はたくさんのドメインを持っているのですが、何回か料金を支払い忘れてドメインが削除されてしまったことがあります。 なさそうでありえるミスですね。皆さんも気をつけてください。

クレジットカードの自動支払いなどで対応しよう

一括で料金を支払うことで10年ぐらい先まで長期契約が可能なところもありますが、 間違いなく10年後に忘れてしまいそうなので1年契約ごとやクレジットカードの自動更新をおすすめしておきます。

この料金支払いが気になる人におすすめなのが「お名前.com」です。1番シェアを持っているドメイン業者になりますが、料金の支払い忘れの人があまりにも 多いからか、期限が近づくとメールだけでなく、わざわざハガキを送ってくれるようになりました。 普段メールを見ないという人でも、これであれば気が付くことが出来ます。

お名前.com(ハガキで期限をお知らせしてくれる)

ドメイン会社によっては復旧サービスをしてくれる会社も

2019年ぐらいからお名前.comやムームードメインなどの会社では、ドメイン失効時に復旧してくれる 復旧サービスを行ってくれるようになりました。

大変ありがたいサービスになりますが、これがかなり費用がかかります。 私がドメイン失効した時には2万円の料金となっていましたので、やはりドメインは失効しないように 注意してください。

デメリットその3.Whois情報の登録をしていないと個人情報がわかってしまいます

実は独自ドメインは取得をすると「Whois情報」といって、名前・住所・メールアドレスなどの登録情報が 自動的に公表されてしまいます。このWhois情報は誰でも簡単に調べられることができますので、調べようと思えば すぐに調べることが出来ます。※(Whois情報についての解説

このWhois情報はドメイン会社で代理登録制度というのがあって、設定をすれば自分の名前や住所ではなく、 ドメイン会社の住所と名前に代理登録することが可能になっています。 誰でも自分の住所や名前が出てしまうのは嫌だと思いますので、ほとんどの人はこの代理登録制度を設定しています。

ドメイン会社によっては代理登録制を行っていない会社もありますが、当サイトで紹介しているドメイン会社では、 ほぼ代理登録制に対応しています。

【まとめ】デメリットよりもメリットのほうが多いドメイン取得

ドメインを取得する際のデメリットを3つお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

ドメインを取得してワードプレスやホームページを作るということは、 それなりに費用もかかりますし、管理や設定などもしなくてはなりませんので、 まったく労力がかからないというわけではありません。

けれども、それ以上に自分の独自ドメインを取得して ワードプレスなどの運営をはじめるメリットは大きいと思います。

集客や広告収入などドメイン取得することのメリットは大きい

まず1番の魅力は自分・自社のワードプレスやホームページ、専用メールアドレスを持つことによって 仕事上の集客ツールの1つにもなり販路を持てることになります。

訪問者が増えればGoogleアドワーズのように広告を貼っておくだけでも収入になりますし、 私の場合運営サイトをそれなりの価格で売ったこともあります

インターネット関係の仕事を目指している人であれば、 自分が作ったホームページをPRすることもできます。

ワードプレスやホームぺージを運営をするには、それなりに時間も労力も必要になりますが、 デメリットよりメリットがおおきい。というのが私自身、運営していて思っています。

ドメインとは

レンタルサーバーとは

目次

特集

カテゴリー


【サイト内検索】